顧問弁護士との契約で最も注意したいのがその契約内容です。多くの方は、顧問弁護士が付いてくれているのだから、大きな裁判になった時でも安心してお任せできると思っており、莫大な費用も顧問弁護士に毎月支払っている物で大丈夫のように考えているかも知れませんが、それは大きな間違いです。基本的に顧問弁護士との契約は、書類をチェックしたり、新しい事業のアドバイスなど日常的な物が契約内容となっておりますので、こういった訴訟関連は全て月額に支払っている顧問料だけではありません。

しかし、毎月の顧問料を支払っている弁護士さんに裁判を依頼すると、かなりディスカウントした金額で訴訟を受けてもらえることができます。弁護士との契約内容によってかなり割り引かれる金額に差はでてきますが、顧問契約をしていない時と比べて10パーセント程度のディスカウントがされるみたいです。

また、契約によっては、30パーセントもディスカウントしてくれる所もありますので、問題が合った時だけ弁護士に依頼するよりもかなりお得だと言えます。訴訟問題はどうしても時間が経てば経つほど事態は悪化してしまいますので、何時でも相談できる顧問弁護士の獲得は、これから業績を伸ばして行こうと思っている方にとって急務である事は間違いありません。

Comments are closed.